A fforts lateral biography
A fforts lateral biography

2012.01.30

なにものにも、かえられないもの。

片岡日記

画像:なにものにも、かえられないもの。

ごきげんさまです♪

写真は先日イトーヨーカドーで買ってきた「名前入りリンゴ♪」
ちょうど、子供たちの名前のリンゴがあったので、ちょっと高かったけど、記念に買ってきました♪

300~400個くらい売ってましたが、全部違う名前♪
毎年、どの名前が売れるかどうか調べながら、名前の種類と量を調節しているそうです♪


お客様に喜んでもらおうという気持ちにあふれた、素敵なおじさんから買いました♪



リンゴたちをよく見てみると

名前と同じで、同じ形のものは一つとしてないことに気付く。

それは私たちを取り巻く人間関係にも当たり前のようにある。

写真の彼ら(子供たち)は私が命に代えても守りたい、なにものにもかえられないもの。

彼らとの経験、思い出は二度と帰ってこない。

発した言葉も、取り返しはつかない。


そうやって、尊い命が成長していく。


彼らの寝顔を見ていると、自分のふがいなさを映す鏡のように見えてくる。

彼らの笑顔を見ていると、自分の存在価値を映す鏡のように見えてくる。


彼らはいつも、私の自己評価のための心の鏡

かれらにとってかわる、鏡はこの世には存在しない。


「子は親の心を実演する名優である」(万人幸福のしおり)



私には、あともう一つ大切な鏡がある。

それは社会人である私の自己評価を映す鏡♪

それは、なにものにもかえられない、アイディールカンパニーの仲間たち。

とってかえることができるとすれば、それは私が自分自身の真の姿を見据える勇気がなくなった時。

人事は簡単に変えられるかもしれない。
社内のルールだって、どうにでもなる。

でも、彼らが懸命に働いている姿を見ていると、自分の責任感を映す鏡になる。

彼らが笑っている姿を見ていると、自分のメンター像を映す鏡になる。


もう一度肝に銘じてみよう。

とってかえようとするならば、自分の真の姿に自信がないことだ。

私を成長させてくれる大切な鏡たち。



なにものにもかえられないもの。


  • すべての女性に夢を~2013-2014 CM
  • 青森市の美容室「フォルツエアー ユアン&アンビエンテ」公式サイト