A fforts lateral biography
A fforts lateral biography

2014.01.27

シャンプーは髪を洗う洗剤です。

ヘアデザインとヘアクリニック


シャンプーとヘアデザインの観点についてお話します♪

 

 

シャンプーは髪を洗う洗剤です

 

 

何を伝えたいかというと

シャンプーは髪を傷めるものであると認識している人が
少ないように感じます。

洗濯用の洗剤で、洋服やタオルを何度も洗うと
繊維が硬くなり、ゴワゴワ固くなってくることがよくあります。
当たり前ですが、洗剤によって、一本一本が傷められているからです。


髪も全く同じで、
髪にも肌にも、水分量を保持するために、必要な脂質(油分)が必要です。
でも、洗浄力の強いシャンプーを毎日使っていると
髪に必要な油分が落とされ
髪の内部の水分がどんどん外に出ていきます。
すると、枝毛や切れ毛の原因になたったり、髪が曲がってきたりします。

結果的にスタイルがまとまらない!!
と悩むことになるのです。

さらに、いつも同じくらいの長さになると
「髪がいたんで、切りたくなっちゃう。」
などの原因
になります。


はっきり言います

「シャンプーはダメージの原因です」

 

 

シャンプーのせいで、カットのデザインが無意味になる

 

 

いくら精密に計算されたカットをしても
毛先の潤いや、収まりがなければ、無意味になってしまいます(汗)

5000円のカットをしても
髪がいたんでいて、まとまらなければ
そもそも、そのカットの値段の価値は薄いですよね。


カットしたのならば、1ヶ月から2ヶ月はスタイルを維持して欲しいですよね。
しかも、自分で手入れしやすいように・・



私はいつもカウンセリング時にお客様にこんな話をします。

※伸ばしてきたけど、ダメージが気になるので、毛先をカットして欲しいというオーダーの場合

 

お客様「毛先を切って欲しいのです」

私  「ダメージの部分のカットですね・・・・・でもなんかもったいないですよ  
    ね・・・せっかく伸ばしてきたのに・・・・」

お客様「・・・でも、切ったほうが綺麗に髪が伸びるんですよね?なんか聞いたことが
    あります」

私  「そうですね・・・でも、切らなかったら、もっと早く希望の長さになります
    よ」

お客様「確かにそうですけど、ダメージしないことって・・・できないでしょ?」

私  「できますよ」

お客様「ええ!!!??」

私  「私の気持ちを正直に言うと、ダメージ部分のカットのために、カット料金を頂
    くのは、ちょっと気が引けるんです・・・・カット料金を頂くのならば、せっ
    かくですからワクワクすることをして、頂きたいと思うのです。今回は仕方な
    くダメージ部分を切るということなので」

私  「ダメージの原因1位は圧倒的にシャンプーなんです。毎日シャンプーしますよ
    ね?」

お客様「はい」

私  「であれば、毎日傷めていることになります。1年間髪を伸ばして17センチ髪は
    伸びます。なので、その毛先は365回痛めつけられていることになりますの 
    で、毛先は弱っていきます。なので、毛先のカットが必要になります。
    でも、もしその365回のシャンプーで髪を傷めないシャンプーができたとし
    たら、どうでしょう?
    今回のように、ダメージ部分を切るという無駄なカット料金を節約することが
    できます。」

お客様「たしかに」

私  「なので、5000円のカット料金をいただかない代わり、4ヶ月使える量の髪を
    傷めないシャンプー(5000円)を購入された方が、髪も健康に伸びるし、早
    く自分の希望の長さになるし、髪はまとまるし、カット料金も抑えられるの 
    で、断然お得だと思いませんか??」

 

 

 

これは決して誘導尋問ではありません(笑)

本当のことです。
実際に髪に起こっている無駄を説明しているのです。

  1. 一生懸命スタイリングする朝の時間のムダ
  2. ワクワクしないカット料金のムダ
  3. 髪がまとまらなくてイライラする精神的ストレスのムダ
  4. マイナスをプラスマイナスゼロにするためだけの無意味なトリートメント出費のムダ



これだけのムダを、
シャンプー一つでゼロにできるのです。

 

 

 

髪質>ヘアデザイン

 

 

ですから

髪質を整えるということは、ヘアスタイルのデザインを考える手前にある問題なのです。

髪質を本当に変えることができたら、

あなたが絶対なりっこないって思っていたヘアスタイルが

「現実に手に入ります」

これは、絶対なのです。


  • すべての女性に夢を~2013-2014 CM
  • 青森市の美容室「フォルツエアー ユアン&アンビエンテ」公式サイト