A fforts lateral biography
A fforts lateral biography

2016.05.31

人生の壁・・・その形とは?

夢の種


※上記の曲を再生してお読みください※

 



私はこれからどうなるのか?

自分はこれからどんな未来を生きていくのか?

自分らしさって何?

夢って本当に実現するの?

 

私たちは様々な悩みや思いを巡らせて生きてきました。

わたしは、その悩み苦しむ時間こそ、成長している時間だと思います。

そして、思った瞬間、そうなりかけています。

未来を思った瞬間、そういう未来になりかけるのです。


輝かしい未来をイメージしたとき、
ほぼ同時に、現在の自分の立ち位置を見ます。

そのギャップに耐えられなくて、悩み苦しみ
諦めます。

だから、夢なんてかなわない!ってかんじるんです。

でも、

その苦しみは、足りないものが見えた証拠と捉えるならば

あなたは、成功し夢を実現できる人だという証拠にもなります。

 

◎壁の形◎



私が考える壁の形、というか、壁がある場所は

平坦な場所にあると思っていません。

平坦でなだらかな道を歩いていても、壁は絶対に現れないと思っています。

 

それはなぜか?

未来をイメージして、生まれた現在との自分とのギャップが

悩みという「壁」を作るからです。



 

壁は、その悩みを克服しようと

諦めない姿勢で、取り組み続けるからこそ現れます。

イメージで言うと、険しい山を上っている時に

さらに、心折れるような場所に、壁として現れます。

「え!こんな場所に壁?」

「無理じゃん・・・」って思うように・・・・・

 

 

でも、諦めずにその壁に近づいてみると・・・

その壁の詳細が見えてきます。

 



 

 

大抵の人は、壁が見えた瞬間、登ることをやめてしまいますが

諦めず登り続ける人たちの、共通の特徴が

「なぜやるのか?」

という明確な目的を持っています。


「家族の幸せのため」

「大好きな子どもを守るため」

「献身的に尽くしてくれる社員のために」

「地域の未来のために」


のように・・・目的と理念があります。

しかも、「本当にそう願っている」ことがとても重要です。


理念や目的を明文化しても

本当にそう願っていなければ、明文化した理念や目的も

ただの絵に書いた餅ならぬ、

「カッコ付け」

で終わってしまいます。

だから、あなたらしく、あなたではなくてはできない目的を描きましょう。

それがあなたの頑張る理由であり、生きる目的です。

話を戻します・・・・(汗)


現れた壁は、凸凹していて、まるでボルダリングの壁のようになっています。

このデコボコの正体は、

「できる理由」であり「可能性の溝」です。

壁を前にしながらも、果敢に立ち向かった時にしか、知ることができない領域です。


そしてそれを足がかりに、壁を乗り越え

見たことのない世界へ行くことができます。


これを知っている人は、これからやってくる、どんな壁も楽しんでクリアできるようになります。

 

 

◎悩みは成長の種◎

 

実は、自分の限界は、自分で決めているのです。

だって、経験したことがないのだから、仕方がないですよね?

でも、

経験したことがあることだけ信じていては、未来の可能性は広がりません。

知らないこと
経験したことないこと
味わったことがない味
見たことがない壁の向こうを見てみませんか?






その壁は、もうすでにあなたの目の前にあります。

それは、あなたがこの記事に出会ったからです。

なにかのキーワードに触れ、蜘蛛の糸をたぐり寄せるかのように

あなたは悩み苦しみ

一筋の光明を得ようと、この記事にたどり着きました。


あなたは最善を尽くしている人です。

だからこそ、あなたの目の前に壁があります。


その壁の種類は

人間関係の壁だったり

業績の壁だったり

環境の壁だったり

・・・・・・

いろんな壁の種類があります。数え切れない程の・・・・・

あなたはきっとその壁を乗り越えるでしょう。

 

今悩んでいることや、苦しんでいることは


あなたがチェレンジしている証拠です。

あなたは素晴らしい!


関連タグ:ドリームプランプレゼンテーション  夢の実現 起業 経営 自己啓発 

  • すべての女性に夢を~2013-2014 CM
  • 青森市の美容室「フォルツエアー ユアン&アンビエンテ」公式サイト